防災士の認証と防災士制度の推進で地域社会の防災力向上に寄与する

iconicon

シンポジウム「奥尻復興の秘けつを聞き出す:高台移転事業の概要と実務当事者へのインタビュー」が開催されます。(2019年7月27日)

2019年7月8日掲載 外部団体セミナー等

7月27日(土)、北星学園大学にて、1993(平成5)年7月12日に発生した北海道南西沖地震による津波により甚大な被害を受けた奥尻町の復旧・復興の行政過程をフォローするシンポジウム「奥尻復興の秘けつを聞き出す:高台移転事業の概要と実務当事者へのインタビュー」が開催されます。

〇シンポジウム・テーマ:
「奥尻復興の秘けつを聞き出す:高台移転事業の概要と実務当事者へのインタビュー」

〇日時:2019年7月27日(土)13時~
〇会場:北星学園大学(札幌市厚別区大谷地西2-3-1)C館1階50周年記念ホール
北星学園大学までのアクセス http://www.hokusei.ac.jp/access/
キャンパスマップC館 http://www.hokusei.ac.jp/campusmap/
〇シンポジウムの内容:下記のプログラムを参照してください。
〇シンポジウム参加費:無料 ※懇親会については、下記を参照してください。
〇シンポジウム主催者:北星学園大学 経済学部 経済法学科 竹田恒規(行政法)、足立清人(民法、法制史)
〇後援:日本災害復興学会、奥尻町、札幌市、北星学園大学後援会、北星学園大学

【プログラム】
12時30分~13時 受付け C館1階電光掲示板前
13時~13時10分 事務連絡と趣旨説明 北星学園大学 教授 足立清人氏
13時15分 基調講演 北星学園大学 専任講師 竹田恒規氏
「災害復興まちづくりにおける意思決定・合意形成・事業実施の過程:93年青苗地区のケースに係る整理と法律学的分析」
14時15分 休憩
14時30分 パネル・ディスカッション「奥尻復興の秘けつを聞き出す:高台移転事業の概要と実務当事者へのインタビュー」①
     司会 竹田恒規氏
     パネリスト 元 奥尻町災害復興対策室長(元 北海道庁職員) 渡部和正氏
     元 檜山支庁地方部振興課企画室主査(元 北海道庁職員) 宮田康宏氏
     元 奥尻町災害復興対策室 用地課長(元 北海道庁職員) 神谷裕一氏
     元 奥尻町災害復興対策室 調整課 企画係長 竹田彰氏
     東北大学 災害科学国際研究所 助教 定池祐季氏
16時   休憩
16時20分 パネル・ディスカッション②、質疑応答への対応
17時20分 まとめ
17時30分 終了
18時30分 懇親会(新札幌)
※懇親会の参加費は、5,000円程度を予定しています。懇親会に参加希望の方は、店の予約の関係上、7月20日(土)までに、本シンポジウム・事務局 足立清人(adachi@hokusei.ac.jp)までご連絡をお願いします。

【問い合わせ先】
本シンポジウム事務局 足立清人(北星学園大学 経済学部 経済法学科)
住所 札幌市厚別区大谷地西2-3-1北星学園大学
電話 011-891-2751(内線1407)
Email adachi@hokusei.ac.jp