防災士の認証と防災士制度の推進で地域社会の防災力向上に寄与する

iconicon

日本防災士会奈良県支部

[ご報告]

日本防災士会奈良県支部では、年間170回を超える講演や各種訓練の指導にあたっています。平成28年12月20日、世界遺産・法隆寺において行われた避難誘導、各種実地訓練では12人の防災士が参加して指導にあたりました。
訓練は、聖徳宗総本山 法隆寺大野管長、斑鳩町小城町長のあいさつで始まり、法隆寺中門でのシェイク・アウト訓練、観光局を想定した避難誘導訓練に続いて聖徳会館で物資搬送訓練、避難所ミニ体験、実技訓練が行われました。
 法隆寺での訓練は今年で三回目となり、毎年、斑鳩町の要請を受けて奈良県防災士会が支援し行っています。
 今年は、災害時に役立つとして、三角巾コーナー、新聞紙クラフト(新聞紙スリッパ)、簡易タンカ作成を三つのブースで体験して頂き、参加者から「今年の訓練は面白い」などの声を多数頂く訓練となりました。

  • img
  • img