防災士について 防災士になるには 防災士の登録状況 研修機関のご案内 よくある質問
TOP  > 松山市で「防災協力事業所」表示証交付式を開催(NHK TVニュースで報道)

松山市で「防災協力事業所」表示証交付式を開催(NHK TVニュースで報道)

松山市で「防災協力事業所」表示証交付式を開催

(NHK TVニュースで報道)

 

日本防災士機構と松山市との協定による、防災士を配置し防災対策に積極的に取り組む企業を認証する「防災協力事業所」表示証交付式が、全国で初めて開催され、表示証(プレート)が交付されました。

松山市の防災士数は、平成26年度末で2,370人となり、全国一位の防災士を養成しております。防災協力事業所表示証(プレート)は、交付先事業所の店頭に掲示され、防災士が配置されていることを市民に周知することで企業のイメージアップや地域貢献を促進するものです。

交付式は、平成26年度に防災士を配置した下記対象企業に対し、平成27年4月20日、松山市役所において開催し、当機構鈴木正明理事長の出席のもと、直接、松山市長から表示証(プレート)が交付されました。

松山市内の企業では積極的に防災意識を高め、防災士の養成や防災訓練を通じて、地域と企業の防災士相互の連携と協力体制を構築するなど、総合的な地域防災力の向上に努めており、松山市の防災活動に協力している、愛媛県中予地区郵便局長会(市内郵便局)、株式会社フジ(スーパーマーケット)、DCMダイキ株式会社(ホームセンター)、アトムグループ(社会福祉法人)の4企業116事業所に対し、表示証(プレート)が交付されました。

当日は、当機構の鈴木正明理事長から「災害に強いまちづくりに重要なのは人材の育成。松山市のように行政、企業、市民が協力する動きが広がることに期待します」との挨拶がありました。
また、新聞、TVのメディアから多数の取材が行なわれ、特にNHK18時台のニュースでは7分間もの長時間の取材報道がありました。

plate_sampleプレート交付式

「防災協力事業所」の表示証(プレート)見本

 

 

 

過去の活動報告

年月日内容
平成29年3月17日日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
13県、12市町防災担当者、21大学等、3民間法人研修担当者参集
平成29年度研修ガイドライン・防災士教本発表!
平成29年1月15日石川県中央都市圏防災連絡会議と機構の共催 防災士シンポジウムin石川(平成29年1月15日開催)
平成28年11月23日松山市と機構の共催 防災シンポジウム(平成28年11月23日開催)
平成28年9月17日
平成28年9月24日
平成28年10月8日
平成28年度 列島縦断「防災・減災公開講座」開催
(埼玉、大阪、石川の3府県で開催)
平成28年3月27日防災・減災公開講座実施〈第1回〉
~首都を襲う 大規模災害に備える~
平成28年3月18日日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
14県、8市防災担当者・18大学等研修担当者参集
平成28年度版防災士教本・研修ガイドライン発表!
平成28年3月1日防災士10万人記念大会開催
平成28年1月17日松山市と機構の共催 防災シンポジウム(平成28年1月17日開催)
平成27年4月20日松山市で平成27年度「防災協力事業所」表示証交付式を開催
(NHK TVニュースで報道)
平成27年3月13日平成26年度日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
11県、7市防災担当者・15大学等研修担当者参集
平成27年度版防災士教本・研修ガイドライン発表!
平成27年1月18日防災シンポジウム(平成27年1月18日開催)
松山市と機構の共催。930名参加
平成26年8月27日群馬県議会総務企画常任委員会が「防災士制度」を研究・調査で公式訪問
平成26年3月14日平成25年度日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
平成26年1月19日松山市と機構共催 防災シンポジウム開催
平成25年10月19日防災士誕生10年記念行事開催(於仙台市・東北福祉大学講堂)
平成25年4月防災士教本の改訂
平成25年3月5日平成24年度日本防災士機構研修機関会議開催
平成24年11月23日松山市と機構共催 防災士シンポジウム開催
平成23年4月~7月東日本大震災合同対策本部派遣活動(第一次~第九次派遣)
平成19年7月18日・19日新潟県中越沖地震・現地調査報告紹介
平成19年4月1日能登半島沖地震へボランティア活動と被害状況の報告について
「日本防災士機構の活動報告」トップページへ戻る