防災士について 防災士になるには 防災士の登録状況 研修機関のご案内 よくある質問
TOP  > 防災・減災公開講座開催

防災・減災公開講座開催

防災・減災公開講座実施〈第1回〉

~首都を襲う 大規模災害に備える~

 

当機構では、防災士へ最新の防災情報を提供すること、国民にわかりやすい防災啓発を行うことをめざし、この程、社会貢献事業の一環として「防災・減災公開講座」を開催することといたしました。

平成28年3月27日(日)、その第1回目の講座を東京都中央区にあるアットビジネスセンター東京駅で開催しました。
 当日は、事前に申込された約70名の防災士・一般市民の方々がご参加のなか、気象キャスター 木原 実氏、跡見学園女子大学教授 鍵屋 一氏のお二人の講師により「防災・減災」についての講座を頂きました。

 

 はじめに木原講師からは、「身近な防災対策を急げ」と題した講座が行なわれました。

身近な防災対策として、家具類の転倒・落下防止対策に関して具体的な固定法が説明されました。

 さらに地震発生時には、まず第一にすべきこと「自分の身は自分で守る」、次に火の始末や脱出口の確保、そして家族の安否確認という一連の行動を説明されました。

 また、気象キャスターという仕事柄、身近な気象情報を有効利用して災害から身を守る方法などの説明がありました。

 中盤からは、質疑応答スタイルで参加者から出る様々な質問に対して和気藹々の雰囲気で大変盛り上がりました。

 

2016.3.27bousaigensai_kihara

 

※当日、受講者から木原講師に『日本海溝の地震と津波観測のプロジェクト』についてご質問を頂きました。その際、後日調査して、当機構のホームページより回答するということになっておりました。その回答が木原講師から届きましたので下記に表記します。
下記が回答に関するリンク先です。
国立研究開発法人防災科学技術研究所ホームページ『日本海溝海底地震津波観測網整備事業』

 

 

 次に、鍵屋講師からは、「都市防災と防災リーダーの役割(自治体の防災・減災マネジメントを中心に)」と題した講座が行なわれました。

 鍵屋講師は、災害時に最適な判断、行動が出来る人間の力が大切であり、そのような人を育てることが最重要だと力説されました。

 地震発生時には、「絶対の正解はなく、その場で正しい判断ができるように訓練することが重要」とも話されました。

 「近くにいる人が助け合う”近助”が強くなれば、自助も新たな共助も公助も強くなる」と、当日の参加者に説かれていました。

 また、「わが家の防災スタートブック」①持ち出し品、②重要情報、③減災編、④その時編と4種にわたる資料が配られました。特に「①持ち出し品」には基本品目33点がリスト化されており、数量やチェック項目、細かな説明が記されていて事前に用意しておくことの大切さを説いた資料が配られました。

 

 2016.3.27bousaigensai_kagiya

 

参加した人々は、「非常にわかりやすい講座でよかった」、「テレビでおなじみの木原さんから直にお話しいただき、いい経験となった」「鍵屋先生のお話は長く行政で防災を担当された実体験に基くもので、大変参考になった」「こうした講座はぜひ定期的に開催してほしい」と語っていました。

 

 

○実施日   平成28年3月27日(日)13:00~16:30

○会 場     アットビジネスセンター東京駅302号室(東京都中央区京橋1-11-2)

○テーマ   首都を襲う大規模災害に備える

○主 催   特定非営利活動法人日本防災士機構

 協 力   特定非営利活動法人日本防災士会

○参加者   約70名

 

○講 師

kihara

木原 実(気象キャスター・防災士)

演題「身近な防災対策を急げ」

ご略歴:気象予報士・防災士。1986年から日本テレビでお天気キャスターをつとめる。現在は日本テレビ「news every.」で、キャラクターのそらジローと、お天気コーナーを担当。ナレーターや声優、舞台俳優としても活躍。日本防災士会参与

 

kagiya

鍵屋 一(跡見学園女子大学教授)

演題「都市防災と防災リーダーの役割」

ご略歴:板橋区防災課長・福祉事務所長等を歴任。内閣府「災害時要援護者の避難支援に関する検討会委員」、内閣官房地域活性化伝道師、NPO法人東京いのちのポータルサイト副理事長

 

 

 

 

 

 過去の活動報告

年月日内容
平成29年3月17日日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
13県、12市町防災担当者、21大学等、3民間法人研修担当者参集
平成29年度研修ガイドライン・防災士教本発表!
平成29年1月15日石川県中央都市圏防災連絡会議と機構の共催 防災士シンポジウムin石川(平成29年1月15日開催)
平成28年11月23日松山市と機構の共催 防災シンポジウム(平成28年11月23日開催)
平成28年9月17日
平成28年9月24日
平成28年10月8日
平成28年度 列島縦断「防災・減災公開講座」開催
(埼玉、大阪、石川の3府県で開催)
平成28年3月27日防災・減災公開講座実施〈第1回〉
~首都を襲う 大規模災害に備える~
平成28年3月18日日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
14県、8市防災担当者・18大学等研修担当者参集
平成28年度版防災士教本・研修ガイドライン発表!
平成28年3月1日防災士10万人記念大会開催
平成28年1月17日松山市と機構の共催 防災シンポジウム(平成28年1月17日開催)
平成27年4月20日松山市で平成27年度「防災協力事業所」表示証交付式を開催
(NHK TVニュースで報道)
平成27年3月13日平成26年度日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
11県、7市防災担当者・15大学等研修担当者参集
平成27年度版防災士教本・研修ガイドライン発表!
平成27年1月18日防災シンポジウム(平成27年1月18日開催)
松山市と機構の共催。930名参加
平成26年8月27日群馬県議会総務企画常任委員会が「防災士制度」を研究・調査で公式訪問
平成26年3月14日平成25年度日本防災士機構 全国防災士研修機関会議開催
平成26年1月19日松山市と機構共催 防災シンポジウム開催
平成25年10月19日防災士誕生10年記念行事開催(於仙台市・東北福祉大学講堂)
平成25年4月防災士教本の改訂
平成25年3月5日平成24年度日本防災士機構研修機関会議開催
平成24年11月23日松山市と機構共催 防災士シンポジウム開催
平成23年4月~7月東日本大震災合同対策本部派遣活動(第一次~第九次派遣)
平成19年7月18日・19日新潟県中越沖地震・現地調査報告紹介
平成19年4月1日能登半島沖地震へボランティア活動と被害状況の報告について
「日本防災士機構の活動報告」トップページへ戻る