防災士について 防災士になるには 防災士の登録状況 研修機関のご案内 よくある質問
TOP  > 推奨図書

推奨図書

災害史探訪 内陸直下地震編

内陸直下地震の事例を振り返ると、活断層の活動によって発生したものが多く、とりわけ、地表に地震断層が出現したケースでは、激甚な揺れが地表を襲い、大災害をもたらしてきたことがわかる。月刊誌『近代消防』に連載した自然災害史から内陸直下地震を抽出し、過去に起きた事例を紹介したもの。

天災人災格言集

 

 

 

 

 

伊藤和明

近代消防社

体裁=新書判・178 頁

2017年2月25日

 

 

 

 


天災人災格言集: 災害はあなたにもやってくる

古今東西防災名言30選をはじめ現代日本の政治家や官僚、地震災害研究者、作家、思想家、著名人、宗教者等のいざという時に必ず役立つ、112の名言。 今こそあなた自身を守るため、家族、愛する人隣人を守るため。ひいては地域、社会を守るための格言集

天災人災格言集

 

 

 

 

 

平井敬也

興山舎

体裁=単行本・253 頁

2012年3月5日

 

 

 

 


MEGAQUAKE 巨大地震

2010年1~3月放送のNHKスペシャル「メガクエイク」(全4回シリーズ)の内容をもとに新たに構成したもの。

第1章 地球が警告する次の巨大地
第2章 天災と国防 寺田寅彦
第3章 阪神・淡路大震災、その時何が起こったのか?

00004330_d

 

 

 

 

 

日本放送協会・主婦と生活社

体裁=単行本・95頁

2010年2年26日

 

 

 

 

 


日本の地震災害

太古の昔から日本列島をたびたび襲ってきた大地震.近代の都市開発や環境改変によって築きあげられた脆弱な国土は,来るべき大震災に耐えられるだろうか.関東大震災から阪神・淡路大震災,新潟県中越地震まで,現代の日本を痛撃した主な大地震による災害の諸相を描き,将来の防災に役立つ知識をわかりやすく提供する。

日本の地震被害

 

 

 伊藤和明

岩波書店

体裁=新書判・並製・224頁

2005年10月20日

 

 

 


津波防災を考える -「稲むらの火」が語るもの-

スマトラ沖地震で発生した大津波により再認識された津波の恐ろしさ.津波防災対策が国際的にも注目を集めるなか,「稲むらの火」という戦前の教科書に掲載された物語が防災の知恵を伝える名作として見直されている.物語を生み出した実話を枕に,津波防災のために知っておきたい基礎知識を解説,防災教育の大切さを訴える。

津波防災を考える

 

 

伊藤和明

岩波ブックレット

体裁=A5判・並製・56頁

2005年7月5日