防災士について 防災士になるには 防災士の登録状況 研修機関のご案内 よくある質問
TOP  > 日本防災士機構について > 日本防災士機構 設立趣旨書

日本防災士機構 設立趣旨書

設立趣旨
災害列島といわれる我が国においては、地震・火山噴火・台風等により生ずる人的、物的損害が阪神・淡路大震災を見ても、その惨禍は計り知れぬほど大きく、これからも、こうした大災害の発生は全国的規模において避けられない以上、災害に立ち向かう様々な努力は、終わることのない私たちの役割としなければなりません。
私たちのこれからの防災対策の基本理念は、公共のみに頼るだけでなく、国民の一人ひとりがわが事として、自分の命は自分で守る、地域は地域で守る、職域は職域で守るという考え方のもとに進められるべきであります。
国民のそれぞれが、平時から自分たちの住む地域や職場にどのような危険と問題があるかをよく理解し、その実状に応じて自主的に対応策をあらかじめ計画しておくことが必要となっております。
こうした考えの基となる国民意識の改革と向上の為には、国民の中に在って防災水準の維持向上と啓発に努める、相当程度の専門性を持ったリーダーたり得る多数の「防災士」の養成確保が具体的かつ有効な手段として何よりも求められています。
またこの事は、特定の人に単に防災士の資格を附与するということに止まらず、日本の防災の総力の引き上げに繋がるという成果がもたらされて来ることに、今や大きな期待が寄せられております。
さらに、地域と職場に「防災士」という防災と危機管理のリーダーを育成し、称号を附与して社会的に認知し処遇することは無償の奉仕となりやすいその性格からして、防災についての情熱、あるいは社会貢献の意欲の喚起に必要不可欠なものとなります。
いま、防災に関する多数の人材の確保は緊急の社会的要請と受け止め、ここに、私たちは、我が国における防災士制度の具現化のために、「日本防災士機構」の活動を開始するものであります。

平成14年3月1日 
特定非営利活動法人 日本防災士機構 設立総会