防災士の認証と防災士制度の推進で地域社会の防災力向上に寄与する

iconicon

『気象と防災』に関するシンポジウムが開催されます。(2019年9月4日)

2019年8月2日掲載 外部団体セミナー等

ご案内いたしましたが、満席に達したため、申込は終了したとのことです。ご了解ください。

政策研究大学院大学と日本気象協会との共催により下記シンポジウムが開催されます。
コーディネーターの武田文男ディレクターは日本防災士機構認証委員を務めておられます。

『気象と防災』に関するシンポジウム

日 時:2019年9月4日(水)13:30~17:00
会 場:政策研究大学院大学 1階 想海棲ホール (〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1)
参加費:無料(事前登録制)
言 語:日本語

・講演(1)13:40~14:10
 「防災に取り組む気象庁」 長谷川 直之 気象庁予報部長
・講演(2)14:10~14:40
 「近年の気象に対する防災の課題」 田村 圭子 新潟大学危機管理室教授
・講演(3)14:40~15:10
 「西日本豪雨、広島土砂災害の教訓」 室田 哲男 元広島市副市長,元消防庁国民保護・防災部長
・講演(4)15:10~15:40
 「気象と災害の情報ニーズへの対応」 鈴木 靖 日本気象協会最高技術責任者、政策研究大学院大学講師
・パネルディスカッション15:50~17:00
 「これからの気象と防災の連携」
 パネリスト
  長谷川 直之氏
  田村 圭子氏
  室田 哲男氏
  鈴木 靖氏(上記講師4名)
 コーディネーター
  武田 文男 政策研究大学院大学 防災・危機管理コース ディレクター

『気象と防災』に関するシンポジウム」PDF

本シンポジウムへの参加を希望される方は、政策研究大学院大学のホームページからお申込みください。